白い歯

歯科で行なわれる2つのクリーニングについて知ろう

歯や歯茎に優しい入れ歯

女性

多くの歯を失ったときに取り付けるものというとほとんどの人が入れ歯を想像するでしょう。入れ歯は昔からある人工歯を装着する方法の一つです。部分的に使うことができるものから、すべての歯をカバーする総入れ歯まで様々なケースに対応することができるでしょう。部分的な入れ歯は金属のフックが付いていることが多く、そのフックを左右の歯に引っ掛けて安定させるのです。しかし、川崎区の歯医者では金属を使わずに入れ歯を固定させることができる方法も取り入れています。その方法をノンクラスプデンチャーというのです。川崎区にある歯医者でこのノンクラスプデンチャーを使えば、金属のフックがないので入れ歯だと気づかれにくくなるでしょう。審美性が高いということで見た目を気にしている人によく使われる方法なのです。また、フックを使用しないということは支えにしていた歯を傷つける心配も少なくなるということです。金属の場合は歯と擦れて傷をつける可能性があるのですが、ノンクラスプデンチャーなら安心です。川崎区の歯医者ではノンクラスプデンチャーで歯茎に痛みを感じた場合、シリコンを貼り付けてそれを軽減させてくれるでしょう。相談することで対処方法をしっかりと考えてくれるので、入れ歯で悩んでいるのならまずは相談してみましょう。

川崎区の一部の歯医者では、総入れ歯の人にシリコンで作られた弾力性の高い入れ歯を用意しています。生体用のシリコンを使った入れ歯は歯茎への衝撃を和らげることができ、自然な力で物を噛むことができるでしょう。また、ピッタリと装着できるので異物感や不快感を感じることもなくなります。さらに、歯茎にくっつくのでいきなり外れてしまうというアクシデントも起きにくくなるでしょう。