白い歯

歯科で行なわれる2つのクリーニングについて知ろう

治療前に注意点を知る

歯型

白い歯を手に入れる方法の一つとして広く知られているのがホワイトニングです。東京でもホワイトニングを取り入れているという歯科は多く存在しています。ホワイトニングは主に過酸化水素と過酸化尿素を用いた薬剤で歯を白くする方法です。これらの成分は歯に染み付いている色を分解して綺麗に落としてくれるのです。東京の歯科では医師が薬剤を塗布するオフィスホワイトニングと、自宅で患者自信がホワイトニング剤を使うホームホワイトニングという方法があります。医師は分解する力が強い過酸化水素を用いることができるので、一気に歯を白くすることができるでしょう。また自宅では濃度の低い過酸化尿素を使うことができるので安心して治療が行なえます。また、東京にある歯科でこれらのホワイトニング治療をしているときには気をつけないといけないことがいくつかあります。例えば、色の付きやすいコーヒーや紅茶、カレーなどの飲食物をすぐに口にすることです。歯の表面は本来薄い層で覆われているので徐々にしか着色しないのですが、ホワイトニングではその層を弱めて着色を分解しています。ですから、直後は色が付きやすい状態になっているのです。東京の歯科ではホワイトニングを行なう前にそれ以外のことについても説明があるでしょう。例えば、薬剤で歯がしみることもあります。また、効果の大きさは人によって異なるでしょう。これらの注意をしっかり聞いて納得した上で治療を始めることが大切です。